新型Grgo Vシリーズ発表! リレーアタック、コードグラバー対策機能搭載のNEWモデルです!

カーセキュリティー ゴルゴ 新製品

Grgo Vシリーズ始動!

更新日:

遂に…Grgoがモデルチェンジ!

最新の盗難手口に対応しました!

Grgoとは

grgoとはカーセキュリティーの名前です。

かれこれ十数年前に発売を開始し、数年ごとに時代に合わせたモデルチェンジをしています。

「カーセキュリティー」とひと言で言っても、その内容や金額もバラバラですが、grgoシリーズは「国内シェアNO.1」の盗難防止装置になります。

カーセキュリティーのそもそも論として

カーセキュリティーは大きく分けて2つに分類出来ます。

1つは「盗難警報器」

これは車に異常が発生した場合に、サイレンなどを鳴らす事により警報を発します。

まんまですね(笑)

ただし注意すべきは、ただ警報が鳴るだけです。

警報が鳴ったままでもエンジンはかかるので、車両盗難被害にあう可能性があります。

もう1つは「盗難防止装置」

「イモビライザー」もその1つですね。

どちらかというと、車自体の盗難を抑止する為の機械です。

ただし、こちらは警報器としての機能を持っている物もあります。

つまり、車両盗難を抑止したいのであれば「盗難防止装置」を取付する必要があります。

車上荒らしなどには「盗難警報器」カーセキュリティー有効です。

Grgoシリーズは、このどちらの機能も持っています。

それと、もう1点・・車検対応です!

 

新Vシリーズになって何が変わったのか

それが一番気になる所ですよね?

1番の目玉は…「純正キーレス連動時のリレーアタック・コードグラバー対策」が導入されました。

今までのモデルは、スマートキーなどに連動すると、ロック解除と同時にセキュリティーも解除されていました。

もちろん、リレーアタックなどが流行る前はそれで良かったのです。

が・・・それで通用する時代が終わりました。。

今回発売される Vシリーズは、ただ単純にアンロックしただけではセキュリティーは解除されません。

アンロックして、ドアを開け乗り込んでから、もう1段階解除が必要です。

ですので、万が一リレーアタックやコードグラバーによるアンロック信号が入力されても、セキュリティーは解除されません。

一定時間内に2段階目の解除動作がない場合は、サイレンが鳴りますし、正規のセキュリティー解除がない場合は、本物のマスターキーがあってもエンジン始動をさせません。

安心ですね!

リレーアタック・コードグラバーってなんぞやか?って方の為に、特設ページ用意しました!

こちらからどうぞ☆

その他の追加機能

今まではpantheraの専売特許だった「履歴確認」が、grgoでも出来るようになりました!

「何月何日、何時に何のセンサーが反応した」という履歴が確認出来ます!

当店では一緒にセットする事が多い「ドライブレコーダー」をセキュリティー連動させておけば、履歴に合わせて動画を確認出来ます!

他にもあれこれ変わってますけど、詳細は店頭で!

予約受付開始してます!

実は新型grgoは、まだ販売されていません!

3月上旬より出荷開始です!

モデルは全4種類!

デバイスでは、早期予約を受付しています!

仕事にも使うハイエースなどで、「カギを増やしたくないので、純正に連動するセキュリティーが欲しい! けどリレーアタックが怖くて躊躇していた。。」なんて方には特におすすめです!

また、Grgoにはセンサーバイパスモードもありますので、キャンピングカーなどで車中泊をされる方などは「就寝中にセキュリティーをON」出来ます。

セキュリティーをいれておけば就寝中、万が一ドアを開けられた場合などにサイレンを鳴らすことも可能です。

 

早期予約特典

早期予約頂いた方々…と言いたいところですが、3月末までにご成約頂いた方のみ、当店よりオプションプレゼント!

何かはご成約時のお楽しみに!👍

現在Grgoが取付されている車両に関しては、新型Vシリーズに買い替える場合は下取り致します!!

ご相談ください!

価格について

基本工賃込の価格となります。 車種により別途追加費用が発生する場合がございます。

価格表はこちら

お気軽にご相談・ご来店お待ちしております!

336

336

レスポンシブ




-カーセキュリティー, ゴルゴ, 新製品
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Car security & Car audio DEVICE , 2020 All Rights Reserved.