福岡県のカーセキュリティー専門店デバイスが提案する、リレーアタック/コードグラバー対策専用品

リレーアタック・コードグラバー対策

リレーアタック対策に!

 

最近増加中の車両盗難手口「リレーアタック」「コードグラバー」

利便性向上のために開発された「スマートキー」の盲点を突いた車両盗難手口です。

 

実際の盗難シュミレーション

 

車両盗難の手口は言葉で説明しても、中々伝わりにくいものです。

解説しますと・・・

犯人は2人組。 オーナーを尾行しながら、特別な装置でスマートキーの信号を盗みます。

その信号を増幅して、車の近くに待機している相方に送信。

受信した相方は「盗んだ信号をそのまま車両に送信」する事によって、解錠・エンジンスタート

という手口です。

 

盗んだ信号を中継して攻撃するので、「リレーアタック」と呼ばれています。

※国内初のリレーアタックによる車両盗難と確認できた事件です↓

「リレーアタック」初の逮捕=自動車窃盗容疑-愛知県警

 

コードグラバーとは

コードグラバーとは「スマートキーのスペアを作る」為の物です。

スマートキーからは常に微弱な電波が出ていますが、コードグラバーはこの電波を自動的に読み込み、スマートキーのIDコードをコピーします。

つまりスマートキーのスペアキーとして有効になり、スマートキーを失した場合等にキー代わりとして機能するのです。

コードグラバーはこのように緊急時のための装置でしたが、このスマートキーのIDコードを自動的に読み取るという「コードグラバー」の特徴を悪用した車両窃盗が発生しているのです。

コードグラバーによる窃盗手口

たとえば犯人がコードグラバーを使ってドライバーが持つスマートキーのIDコードを読み取ります。

コードグラバーはスマートキーのIDコードを読み取ると、アンロックコードまでも解読し、ドアの解錠からエンジン始動までが行えるようになります。スペアキーとして運用できるので当然の事です。

その為、IDコードが一致すればイモビライザーなどの車内外の盗難防止装置も作動しません。

オーナーが車から遠くに離れたすきに、犯人はコードグラバーをスマートキー代わりに用いてドアを開け、エンジンをかけ、車を盗んでいきます。

コードグラバーは簡単に車を盗むことが可能です。

またコードグラバーは100メートル範囲内(機器によっては500メートル)の、スマートキーのIDコードのコピーが可能だそうです。

そのため犯人は車のオーナーから遠く離れたところからでも、犯行が可能です。

なぜそんな事が可能なのか?

 

スマートキー・・つまり、キーフリーシステムは「キーレスボタンを操作せず」に車両のドアロックやエンジンスタートが可能です。

 

その為、スマートキー側からは微弱電波が常に出ています。

なぜか?

キーがクルマに近づいたことを、車両のコンピューターに送信する必要がある為です。

その信号をコンピューターが受信して、シリアルがOKであればロックを解除します。

つまり、クルマ側も常に受信体制をとっています。

 

「常に電波を送信している⇔受信しいる」ので、信号がダダ洩れなわけです。

実際は微弱電波なので、2mもはなれていれば通常は操作不可になります。

 

ですが2m圏内に、その微弱電波をキャッチする巨力なアンテナがあれば・・・受信が可能になるのです。

その為、尾行だけでなく、ファミレスや喫茶店で後ろの席に座って受信・・、場合によっては部屋の中にあってもキャッチ出来ることもあります。

 

そのような手口から愛車を守るために考案されたのが・・・Author KEYLESS BLOCKです!

有効な対策として後付けのセキュリティーをおすすめします!

キーレスブロック

Author KEYLESS BLOCKはその名の通り、キーレス操作をブロックします。

スマートキーでドアロック後、「スマートキーの操作を受け付けません」

ですので、「スマートキーによるドアロックの解除自体ができない」状態になります。

 

当然スマートキーによる操作を遮断しているので、エンジンスタートも出来ません。

実際に当店でインストールした車両の作動動画です。

ボタンを純正キーレスのボタンによる操作以外の解除が出来ない状態にします。

 

メリットは、リレーアタックによる車両盗難を防ぐことが出来る。

これだけです。

スマートキーでの操作を限定的にし、エンジンの始動も不可能にするので、自走での盗難はかなり難しくなると思います。

 

デメリット 当然あります。

ボタンを押して解除しないといけないので、スマートな操作ではなくなります。

ですが、この問題にも対策品がラインナップされています。

 

今まで通りの操作で運用したい方は、キーフォブ付きの KEYLESS BLOCK PRO+おススメします。

※キーフォブ:スマートキーの隣にある小さなキーホルダーです。

気になるお値段は・・

 

当店での キーレスブロック施工価格は

本体+基本取付費 込 税別 6.3万円〜

となります。

対応車種は日々増加していますので、気になる方はお問い合わせください。

 

お試しキャンペーン中です

 

新規取付にてパンテーラ、ゴルゴ等 カーセキュリティーと、リレーブロックの同時装着にてご依頼の場合

キーレスブロックの取付価格を 一律3000円お値引きします!

既にセキュリティーなどが装着済みの方… 当店で施工されてた方は 3000円お値引きします!

※必ず「HPでキャンペーンを見た」とお伝えください!※

お申し出がない場合は、キャンペーン対象外となります!ご注意ください!

コードグラバー対策について

最も有効な手段は「後付けのセキュリティー・イモビライザー追加」です。

盗難対策ではアラームを装備した「Panthera」「Grgo」をオススメしています。

アラーム装着と同時にイモビライザー機能も追加されます。

イモビライザー単体では 「IGLA」「SATURN」を推奨しています。

コードグラバー用特設ページはこちら

 

ご相談・お見積りはもちろん無料です。盗まれる前にぜひご相談下さい!

更新日:

Copyright© Car security & Car audio DEVICE , 2020 All Rights Reserved.